本文へスキップ

競輪の沿革

昭和23年 11月 自転車振興会連合会設立
第1回小倉競輪開催(競輪発祥)
昭和25年 9月 日本サイクリストセンター(NCC-後に日本競輪学校と改称)落成
昭和32年 10月 日本自転車振興会発足
昭和43年 7月 日本競輪学校が東京(調布)から伊豆修善寺に移転して開校
昭和56年 8月 世界選手権自転車競技大会の正式種目に「ケイリン」が採用される
昭和58年 4月 競輪プログラム改革制度(A・B級制からS・A・B級制へ)の実施
昭和60年 12月 KEIRINグランプリを創設
昭和61年 8月 世界選手権プロスプリントで中野浩一選手が10連覇を達成
10月 電話投票開始
平成2年 8月 世界選手権自転車競技大会を初めて日本で開催
12月 日本初の室内競輪開催(グリーンドーム前橋)
平成7年 9月 車番制による車券発売の開始(立川・その後全国的に導入)
平成8年 7月 アトランタオリンピックで十文字貴信選手が銅メダル獲得(1,000mT.T)
12月 シドニーオリンピック(2000年)から「ケイリン」が正式種目として採用決定
平成10年 7月 初のナイター競輪開催(函館)
平成12年 8月 オリンピック正式種目として「ケイリン」実施(シドニー)
平成13年 11月 新投票方式(新賭式・3連単ワイド 等)による車券発売開始(立川・前橋 等)
平成14年 4月 新番組制度スタート
新ユニフォームの導入
インターネット投票開始
平成16年 8月 アテネオリンピックで伏見俊昭、長塚智広、井上昌己選手が銀メダル獲得(チームスプリント)
平成19年 10月 日本自転車振興会解散
平成20年 4月 重勝式車券の発売開始
平成20年 8月 北京オリンピックで永井清史選手が銅メダル獲得(ケイリン)
平成23年 1月 初のミッドナイト競輪開催(小倉)
平成24年 7月 ガールズケイリン48年ぶり復活(平塚)

PAGE TOP